>

社内イベントでは

ケータリングでの効果

あなたはケータリングに関して、どんな効果がもたらされるのか想像できますか。
ケータリングで持ち込まれた食事にはいろんな豪勢な食事が並んでいますが、それらの食事には丁寧な気配りをしっかりとしていることが多いのです。
例えばレストランに出されるような一品での食事ではなく、持ち運びができるような小さいサイズで提供されています。
何故ならばイベントで出されるケータリングはあくまでも引き立て役であり、食事がメインではないのです。
ただパーティーの参加者の空腹や喉の渇きを満たし、社内イベントで会話の話題の一つなるように、サポート役の一つとして存在しているのです。
まだ他にもケータリングならではの魅力がたくさんあるのですが、それは次の記事において説明をしてみたいと思います。

ケータリングは昔からあった

ケータリングでの歴史はかなり昔からあり、それは江戸時代からありました。
当時はケータリングではなく配膳さんという名前で通っておられ、神社や寺などに食べ物や料理を提供することが多かったのです。
しかし時代が進み、とあるホテルで食事を用意したいときにシェフをここに呼び込んで料理をしてもらおうと考えて実行したのがきっかけとなりました。
これがきっかけでケータリングという一般的なサービスが始まっていき、その後はケータリングによる食事のレベルが上がっていくことになりました。
便利な調理方法などが進んだ今はどのようなサービスを設けるとお客様を満足してくれるかというようなケータリングの専門会社まで設立されているほどです。


この記事をシェアする